十二大従星

スポンサーリンク

十二大従星は人間の一生を表していると言われています。

人間の生まれる前の時代からあの世までの期間を12個に分けてその人がどんな人生を送るのかを分かりやすく表しています。

人は12個の中から3種類持って生まれてきます。

3つとも違うのを持つ人もいれば、2つ同じのであったり3つ同じ星を持つ人もいます。それぞれに解釈がありますので見ていきましょう。

天報星・・・胎児の星。胎児と言われますからまだ人間になれていません。そして胎児は日々身体が成長し、その形を変えます。
そのため、天報星を持つ人は言ってる事、やってる事がクルクルと変化します。またマイペースでユニークな発想があり、感覚で生きてるような人です。
堅い仕事は苦手で好きなことをさせると輝きます。
好奇心旺盛で色々なものに心が動かされますから一つのことに落ち着くことができません。
中年期にこの星があると離婚しやすいと言われています。
天貴星
天貴星は好奇心旺盛な少年のような星です。なんにでも興味が湧き、向上心に富んだ時代の星です。知的好奇心も旺盛なので取り巻く環境に関係なく学ぼうとします。また吸収した知識を教え伝えていくことも上手ですので、所謂「先生」と言われる職にも...
タイトルとURLをコピーしました