算命学とは

スポンサーリンク

算命学とは、中国より生まれ、政治や軍略に使われていた秘伝の占術です。

学問の一つであり、統計学的要素も含まれています。

日本には遣唐使、遣隋使が持ち帰ったと言われています。それが今の「算命学」と呼ばれるようになったのは明治以降のことです。

この占術を用いて個人はもちろん、企業や世の中の流れを見ていくことも可能です。

算命学は自然科学を理論に基づいたもので、改めて見ると「当たり前」のようなことが解かれています。算命学を用いていけば人生悩むこと(仕事、家庭、恋愛、子育て、結婚、不倫など)もあるかもしれませんが、忘れていた当たり前がその時の指標となり行動しやすくなっていきます。

自分の持つ運命の流れを知り、その時期に合った行動を取り自分に合った環境を整え本当の自分を知っていきましょう

生年月日と性別のみで鑑定する事ができます。

そう言われると「え?じゃあ、同じ誕生日の人はどうなるの?」と思われると思います。私も思いました(笑)

人は天・人・地で成り立っていると言われています。簡単に言えば天は目に見えない世界。運命です。人は自分、魂、行動です。地は環境、目に見える世界です。太古では天…占い、陰陽道が中心となり政治が行われていました。そして現在では地…現実のこと、取り巻く環境だけで政治が回っています。多くの人も目に見える世界だけを信じて生活されているのではないでしょうか。

しかし3つが揃って初めて人が成り立つのですから同じ生年月日でも取り巻く環境(地)や行動(人)が変われば運命は大きく変わっていくのです。

算命学は運命を紐解き、自分を知ることで行動が変わり環境や世界が変わっていくのです。

タイトルとURLをコピーしました